ブログカテゴリ:花のように生きる


美エイジング®協会では、本年もピアニストの近藤和花さんに花束を贈呈。美エイジング®協会の考える「花贈り」は、色彩とアートのスタイルです。

冬から春、長い開花時期を持つに、日本人としての季節感や心理、色彩感覚を重ねることが出来ます。花が変わりゆく姿には、女性が年齢を重ねて進化する一生涯とも似ています。女性の加齢(エイジング)は、花の姿にも投影されます。

Youtube『美エイジング協会・人生をアートするように健康美容心理』。美エイジング®協会のイメージの視聴回数が700回超え。アートによって40代50代女性のライフステージを表現した70秒です。