スタイル花束を贈る、ピアニスト近藤和花(こんどうあえか)さんへ

美エイジング®協会では、本年もピアニストの近藤和花さんに花束を贈呈

毎年5月にローズガーデン内でのホールにおいて開催されるピアノ・コンサート。

昨年よりもさらに円熟味を増したのでは?というほどに強く引き込まれた演奏でした。

 

本年、2019年も近藤和花さんのピアノ・コンサートは、5月に複数回開催されました。

ピアノの音色とともに様々なバラの開花も楽しむことができます。

 

近藤和花さんのドレスはベアトップ、白地に黒でバラの刺繍が施されたエキゾチックなもの。

トークのお時間は優しい微笑みで、私たちに清々しい涼感も届けてくださいました。

暑い日、夏に花を贈る場合に注意したいこと「花贈り」の考え方・コツ

今回の花束は、5月といえども毎年初夏を思わせる陽気のため、フラワーデザイナーの方とご相談しました。

花材はドライフラーワーとアーティフィシャルフラワーという異素材の「共演」に。

 

さらに、乾燥にも強い生花のかすみ草が、それらの間を自然と取り持つようなデザインとなりました

暑い日でもお花を心配することもなく、ボリュームがありながら羽のように軽く、取り扱いも楽な花束は心づよいギフトです。

美エイジング協会代表・桜井まどか

余韻覚めやらぬ、コンサート後のローズガーデンにて。

(左:ピアニスト・近藤和花さん、右:美エイジング協会代表理事・桜井まどか)

花贈りのスタイル・お花をお届け、ギフトとしてのスタイル

大切な方へ花をお届けする際の考え方、ギフトとしてのスタイルにも色彩心理学を。

 

美エイジング®協会が考える、スタイルのある「花贈り」について考察しました。

→美エイジング®協会の運営会社 MS Life-Colorのこちらのコラムをご覧ください