アートセラピーワークショップ「美エイジング®協会」

成熟世代の女性が心身ともに美しく時を重ねるために

美エイジング®協会では、40歳以上の成熟した女性が美しいエイジングを叶えるため、心理からアプローチ。

「エイジング(加齢)」とは、ヒトの進化の過程のひとつと捉えています。

 

アートをツールにした豊かな時間により、おひとりごとの人生に美しさと深みを増すためのサポートを行っています。

 

アートに関する講座は2008年より企画・主催し、アートセラピーのワークショップには2,000名を超え、多くの方々にご賛同・受講いただいています。

 

 

美エイジング協会「アートセラピー」ユニークなテーマ

先日のテーマは「ガーデニング」。リフォーム施工の企業様より講師ご依頼をいただきました。

 

尊敬する英国のガーデナー、ターシャ・テューダさんへのオマージュとしてぬり絵をデザインしました。

どこか懐かしいような素朴なテイストのアートに、ご自身の人生を重ね、深める時間のためのものです。

 

 

登壇は、自宅庭でのガーデニング歴30年、過去には『月刊 NHK趣味の園芸』誌にもご掲載いただいた経験を持つ、美エイジング®協会代表理事・桜井がつとめました。

効果の高い「美エイジング®協会のアートセラピー・ワークショップ」

前半は色彩心理学による視点をお伝えする講座、後半はワークショップという二部形式です。

 

オリジナル・セラピーぬり絵をご体験いただく参加型の講座は、講師からの一方向ではありません。

ご参加の皆様と講師との双方向での意識の交流があるため、理解度もより深くなります。 

 

アートセラピーの効果とは・美エイジング協会
美エイジング協会セミナーテキストより