【アート鑑賞】こどものワークショップ美術館で開講・美エイジング協会

「アート鑑賞」がこどもの視点・才能にもたらす効果

美エイジング®︎協会のワークショップの構成は、前半がレクチャー(講座)で後半がアート制作という二部構成です。

 

座学だけではなく、実際に手を動かして創作にはいることで講座で学んだことをアウトプット。座学にプラスされた体験が、学びの時間に深い理解力へと結びついていきます。

桜開花直前の時期に春をテーマに、『マスキングインクと水彩 -春を祝う、光の表現を楽しむアート』を千葉市美術館ワークショップルームにて開講しました(2022年3月20日)。

 

塗り絵をベースに水彩画で、自由に彩色を楽しむ時間となりました。

アートセラピーワークショップ・美エイジング協会
美エイジング協会ワークショップ『マスキングインクと水彩 -春を祝う、光の表現を楽しむアート』

「アートセラピスト」の役目・ファシリテーターとして、そして

美術館で開講のワークショップは25名という比較的大人数のご参加をいただいての開講でした。

 

美エイジング®︎協会のサポートメンバーとしてチャイルドアートカウンセラー、イラストレーターという専門分野で活躍する方々のお力もかりて、過ごしやすく創作に集中可能な心理的に安心な場をつくり出しました。

 

東京都こどもスマイルムーブメント・美エイジング協会
自由なスタンスで制作中・視点を変えることができます
全体に滲みとぼかしで、春の表現を水彩で
全体に滲みとぼかしで、春の表現を水彩で
お揃いのスモッグでご参加の双子の姉妹
お揃いのスモッグでご参加の双子の姉妹

アートセラピストは自身でアーティストとしての制作も行いますが、心理カウンセラーの要素も持ち合わせ、クライエントと向かい合います。

ファシリテーターとして司会進行をつとめますが、黒子としての存在感であるともいえます。

主役は、ワークショップにご参加のおひとりおひとりなのです。

 

コミュニケーション力を向上させる「アート鑑賞」

アート制作の後は、全員でボードに作品を貼り出します。

率直な気持ちが表れるように2点の質問のみを投げかけ、皆さんの前で自由に語っていただきました。

 

こどもスマイルムーブメント・小学生対象の水彩ワークショップ
美エイジング協会ワークショップ・2種の塗り絵を自由に彩色、完成の水彩画がズラリ

自分の作品を背にしてマイクを手に、作品についてしっかりと発言。

 

実をいうと、筆者が小学校1年の頃は教室で発言することは苦手でした。

ではなぜ、彼らはそんな事をたやすくやってのけているのでしょうか?

答えは、「自分の作品」について語っているからと思います。

 

本人しか分かり得ないことを「作品」というヴィジュアルの力もかりて、堂々と。

他者からは伺いしれないこと、唯一無二の真実(想い)について話してくれている。

耳を傾けている側のわたしたちには「なるほど」と心に沁みます。

 

 

気づかなかったことへ目を向けさせてくれた「アートの作者」。

鑑賞者(参加者の皆さん)は感謝の気持ちを届けます。

アート鑑賞を通じて、相互の間にはコミュニケーションが成り立っていきます。

ワークショップは1度として同じものはありません。

毎回がLIVEのように変容していき、作品とさまざまな形での相互のコミュニケーションが生み出されていきます。