「美術館・博物館休館情報」新型コロナウイルス予防対策、アラフィフ女性のアート観賞やお出かけに影響あり

<美術館・博物館休館情報>

春の陽気に誘われて、外出先に美術館や博物館巡りやアート観賞を予定していた方も多いのではないでしょうか。

 

新型コロナウイルスの予防対策として、「大規模なスポーツや文化イベントを今後2週間程度中止か延期、規模を縮小する」という日本政府の発表がありました。

それを受け、全国の美術館と博物館も休館が実施されます。

 

お出かけの際は、美術館・博物館についての最新情報を必ず事前にご確認してくださいね。

 

 

また、情報リスト上に掲載されていなくとも休館中であったり、開館・閉館時間に変更、展覧会関連イベント中止の場合も考えられます。

該当施設のウェブサイトにも必ず目を通すことをお勧めします。

 

 

 

逐次アップデートされる美術館・博物館休館情報のひとつとして、こちらを掲載します。

 TOKYO ART BEAT NEWS

 

新型コロナウイルス拡大「アラフォー女性のお出かけ」にも影響あり

新型コロナウイルス拡大に対して、アートに関連したイベントや展示館、美術館・博物館の休館が3月半ばから20日頃まで続きます。(2020年2月28現在)

 

美エイジング®協会では、アート表現のワークショップを美術館においても開講しており、多くの40代50代女性の方々と交流の場を創出しています。

 

アートを媒介に皆さまと時間を共有して感じるのは、アラフォー、アラフィー女性の心身の健康のバロメーターのひとつとして、「お出かけ」は人生を彩る大切なものということです。

 

同年代の男性よりも、女性は趣味や交友関係からコミュニティを形成する力、アートに対する瑞々しい感性、ボランティアへの共感など、旺盛な好奇心や知識欲の高さの表れなのです。 

 

日々高めるべき、アラフォーアラフィフ女性の「危機意識」

40歳以上の成熟した女性の美徳・特長として、外出の面では、四季を愛でるように思い立ち、行動する範囲も広いという点について述べました。

 

この春は、いつも以上に外出に伴う際は注意が必要です。

コロナウイルス感染拡大対策によって、出先での急な変更に対しても慌てたり混乱を招かないよう、目的の行事が開催されなくなった場合への対処法までも自身で考え、日々備えておくべきです。

 

予定を合わせて複数人で参加の場合は緊急時の連絡方法、事前に入場料が発生したものの返金について、遠方への旅費交通費の変更などがそれにあたります。

 

 

「美術館・博物館休館」だけではなく、春のお出かけでの急な変更に慌てないためにも、外出の際は直前ではなく早めの情報確認が必須です。

予定を立てる前と、直前の最新情報を得るという二段階での確認を心がけてくださいね。

  

アラフォー・アラフィフ女性は情報の取捨選択もきちんと行い、エレガントにいきましょう。

 

 

 

関連コラム

40代50代「大人の美術館の楽しみ方」ワークショップで人生の再発見 

美術館博物館の休館「アラフィフ女性のお出かけ」への影響