美エイジング協会・ニュース

新型コロナウイルス感染予防対策として美術館・博物も休館、2020年2月末より3月にかけて実施されます。アラフォー・アラフィフ女性がアート関連イベントに参加予定の場合、注意すべき点は?

美エイジング®協会のアートセラピー・ワークショップの特長は、オリジナルのセラピーぬり絵に色を塗り、自由な色彩表現を楽しむ時間です。成熟した女性特有の心身の悩みを解決する糸口、人生100年時代を生きる目標を明らかに。ぬり絵の図柄はテーマに合わせたものをご用意。

美エイジング®協会では、成熟した女性が美しいエイジングを叶えるため、心理からアプローチ。「エイジング(加齢)」とは、ヒトの進化の過程のひとつと捉え、アートをツールにした豊かな時間により、おひとりごとの人生に美しさと深みを増すためのサポートを行っています。

美エイジング®協会では、本年もピアニストの近藤和花さんに花束を贈呈。美エイジング®協会の考える「花贈り」は、色彩とアートのスタイルです。

美エイジング®協会では「シニアの認知症予防と対策」をテーマに、アートセラピー講座を開講しています。経験豊かな色彩心理カウンセラー、心理カウンセラーの専門家が担当。都内・九段下にて。

美エイジング®協会は2018年に発足1周年を迎えました。アート表現により、40代50代女性の人生を、健康と美に導きます。

美エイジング®協会公式サイトが『はじめてWEB』内のエキスパートコラムにて、SNSと同時活用している事例としてご紹介されました。

インターネットラジオゆめのたね『この空DAY』美エイジング®協会代表理事・桜井まどか出演情報です。テーマは、エイジング(加齢)に効果を及ぼすアートの効果と楽しさについて。

ピアニスト近藤和花(こんどうあえか)さんのニュースレター・年間のご活動に、2017年3月開催の美エイジング®協会トークショーの記事が掲載されました。

美エイジング協会理事・桜井まどかによるアートセラピーのワークショップが、「OZmall30歳パーティレポート」Youtubeで期間限定公開中。色彩と心理の専門家として、2年連続登壇。

さらに表示する