ブログカテゴリ:アートセラピー


新型コロナウイルス感染予防対策として美術館・博物も休館、2020年2月末より3月にかけて実施されます。アラフォー・アラフィフ女性がアート関連イベントに参加予定の場合、注意すべき点は?

旅先では美術館を巡ることを、特に40代・50代女性にお勧めします。ハワイの美術館での体験と事例をもとに、アートのワークショップが人生にもたらす効果についての紹介です。

アラフィー50代女性は、心身の健康を保つためには天気予報に振り回されず、自分自身の「心のお天気」予報も確認し、自身によるケアを確立しましょう

美エイジング®協会のアートセラピー・ワークショップの特長は、オリジナルのセラピーぬり絵に色を塗り、自由な色彩表現を楽しむ時間です。成熟した女性特有の心身の悩みを解決する糸口、人生100年時代を生きる目標を明らかに。ぬり絵の図柄はテーマに合わせたものをご用意。

美エイジング®協会では、成熟した女性が美しいエイジングを叶えるため、心理からアプローチ。「エイジング(加齢)」とは、ヒトの進化の過程のひとつと捉え、アートをツールにした豊かな時間により、おひとりごとの人生に美しさと深みを増すためのサポートを行っています。

美エイジング®協会では「シニアの認知症予防と対策」をテーマに、アートセラピー講座を開講しています。経験豊かな色彩心理カウンセラー、心理カウンセラーの専門家が担当。都内・九段下にて。

アートセラピー倶楽部を開講したご縁で、パソナ様運営の「大手町牧場」を見学。地方創生に向け、地域産業の担い手である「酪農・観光牧場」分野、そこでの人材育成が目的だそうです。

インターネットラジオゆめのたね『この空DAY』美エイジング®協会代表理事・桜井まどか出演情報です。テーマは、エイジング(加齢)に効果を及ぼすアートの効果と楽しさについて。

「ハッピーオーラの法則」とは、アートセラピーにもあるのかもしれません。また、重ねる・深めるという視点では、加齢(エイジング)に対する考え方とも同様です。

年末に「今年の色」と」「今年の漢字」をもとに、1年の振り返り。漢字からさらに深め、色に置き換えれば、言葉になりにくい感情に、ピタリとはまる表現が可能です。

さらに表示する